近い、近い、ルリボシヤンマ飛翔

高尾近郊のフィールドでルリボシヤンマと出会い、何回か通いました。画像は全てトリミング無しで載せます。

・ルリボシヤンマ♂
オスはメスを探して湿地を飛び回り、止まることはないですが、時々ホバリングしてくれます。今回は目の前でホバリングを始め、フレームからお尻が飛び出るので、慌ててフレームに収め直しました。
1ルリボシヤンマ大戸D50_5398



ルリボシヤンマはヤンマ科のトンボで、体長75~85mmほど。黒地に黄緑色の2本の紋があり、眼や腰などにブルーの点々が入る美しいヤンマです。上からの画像です。
2ルリボシヤンマ大戸D50_5399


正面顔です
3ルリボシヤンマ大戸D50_5415_edited


これくらいがちょうど良い大きさでしょうか
4ルリボシヤンマ大戸D50_5391_edited


・ルリボシヤンマ♀
池のガマの茎にとまり、産卵するルリボシヤンマのメスです。
5ルリボシヤンマ♀大戸D50_5976_edited



メスは草の間を縫いながら低い位置を飛ぶので、ホバリングを撮りにくい
6ルリボシヤンマ♀大戸D50_5694_edited



草に掴まり産卵しています。メスは腹部の模様が明るい緑色と赤茶色で、オスより綺麗に見えます
7ルリボシヤンマ♀大戸D50_5742_edited



ガマの茎の間でホバリングするメス
8ルリボシヤンマ♀大戸D50_5939_edited


このトンボをこのフィールド見かけるのは、9月初旬から中旬にかけてです。今年は4,5回通い、多くの写真が撮れて良かったです。
9ルリボシヤンマ♀大戸D50_5959_edited

※写真投稿サイトGANREF始めました ⇒

NIKON D500+ NIKKOR300mm f/4PF+テレコン1.4で撮影
今日もご訪問ありがとうございました
コメント欄は閉じています

⇓ 応援の拍手ポチありがとうございます♪
 (拍手コメントは楽しく読ませて頂いています)

スポンサーサイト



nika4

蝶と野鳥・昆虫を中心に写真撮影しています。
自宅近くの東京都八王子市湯殿川沿い及び高尾周辺をベースとし、時々北海道から沖縄、台湾、東南アジアまで遠征しています。美しい蝶、昆虫、鳥をより美しく写真に残したいと思っております。
気が向いた時、撮影できた美蝶、美鳥をアップします。美しい生き物を紹介することにより、それらが生きる自然環境が守られる事を望みます。
カテゴリに★年度ベストと★海外を新設しましたので、ご覧ください。

検索フォーム

リンク